RSD-SUNMAX-FL30/50 制御用ソフトウェア EzCad2J

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


レーザーマーカー FL30/50 専用ソフト LaserCut

■ EzCad2J

EzCad2Jは、レーザーマーカーRSD-SUNMAX-FL30RSD-SUNMAX-FL50およびRSD-SUNMAX-UVZH用の制御用ソフトウェアです




EzCad2Jは、機体に搭載されている制御用パソコンにインストールされており、更新はありません。再インストールする場合は、付属のUSBフラッシュメモリに保存されているEzCad2Jをコピーしてください。

故障などにより、内蔵ディスクの交換や制御用パソコン自体の換装が必要な場合は、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装を参照の上、ユーザー自身でセットアップをしていただくか、機体本体を弊社までお送りいただくセンドバック修理が必要になります(出張修理は行なえません)。
ユーザー自身でパソコンの変更を行う場合は、動作保証および作業のお問い合わせ対応は行いません。予めご了承ください。


■ 特徴

・EzCad2Jはレーザー加工用の汎用制御ソフトウェアです。
Co2、YAG等、4種類のレーザータイプに対応していまが、EzCad2Jは機種に合わせて設定されています。

・一般的なマーキング加工は、外部ソフトウェアを使用することなく、EzCad2Jだけでデザインデータ作成から加工まで可能です。

・外部ソフトウェアで作成したアウトラインデータの読み込んで加工できます。

・アウトラインデータは、輪郭のみ、またはハッチングによる塗りつぶし加工ができます。

・画像ファイルをインポートして、写真やロゴなどのマーキングを行えます。画像ファイルは、「階調による出力調整」、または「ディザ変換」による加工が行えます。

・回転加工機をサポートしています。

・バーコードのマーキングをサポートしています。

■ インポート可能なファイル形式

  • 複数のファイル形式の読み込みに対応
     ・アウトラインフォーマット
       PLT - HPGL Plotter File (Corel Draw)
       AI - Adobe Illustrator (日本語 Illustrator3 形式のみ)
       DXF - Autodesk AutoCAD
       DST - Tajima
       NC - Mastercum
       SVG
       BOT
       JPC

     ・画像フォーマット
       BMP - Windows BITMAP
       JPG - JPEG フォーマットファイル
       GIF - GIF フォーマットファイル
       PNG - PNG フォーマットファイル
       TGA - TGA フォーマットファイル
       TIF - TIFF フォーマットファイル


アウトラインフォーマットは、DXFを推奨します。