部品送付交換

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 部品送付交換

部品送付交換とは、問題の原因が特定できない場合、且つ、センドバック修理出張修理を行わない場合、問題の可能性がある(可能性が高い)部品を送付し、ユーザー様にて交換・動作確認していただき修理を行うことを言います。

部品送付交換は、保証期間内、またはレンタル契約の場合のみのサポートとなります。


下記の場合は、部品送付交換の適用はできません。

・問題の可能性がある部品を推定できない場合
・部品の交換では修理ができないと判断した場合
・部品送付交換を行っても改善しなかった場合

※ 適用の可否は弊社が判断いたします。

■ 部品送付交換の流れ

部品送付交換を適用した場合の対応は以下のようになります。

青線枠の囲み内をクリックすると、詳細を記載した項目に移動します。





■ 交換用部品について

・交換用部品については、問題の内容により、可能性のある部品を弊社にて選定いたします。選定次第、早急に部品を発送いたします。

・発送する部品は、弊社の判断により、ひとつまたは複数個になります。

・レンタル契約機につきましては、中古部品を使用する場合があります。

・部品が着荷したら、送付部品の確認方法を参照し、部品交換を行ってください。




■ 送付部品の確認方法

送付部品が着荷したら、交換してください。
部品の交換方法は、レーザー館の該当部品の項に記載されています。
交換方法が記載されていない部品は、視認状態でネジなどを外し、換装するだけで交換できます。


【送付部品がひとつの場合】

部品を交換し、動作確認を行います。
直らない場合は、元の部品に戻してください。


【送付部品が複数の場合】

原因を究明するために、必ずひとつの部品に対して、「部品の交換 → 動作確認 → (直らない場合は)元の部品に戻す」というサイクルで対応してください。

一度にまとめて交換したり、交換した部品を元に戻さずに別の部品を交換した場合、原因がわからなくなります。
問題のある部品の交換品以外はすべて返却していただきます。

状況によって、交換する部品の順番を指示する場合があります。その場合は、指示に従い、「ひとつずつ交換 → 確認 → (直らない場合は)元の部品に戻す」を行ってください。





■ 部品交換で直った場合

部品送付交換により問題が直った場合、以下の部品を弊社宛に返送していただきます。

@ 部品交換によって直った、既存の問題のある部品(故障品)

A 部品送付交換のために送付した部品(交換品以外のすべての部品)


問題がないにもかかわらず部品交換を行い、機体に搭載されていた部品を返却することはできません。
弊社から発送した部品を返却していただく必要があります。
中古部品を送った場合も同様です。





■ 部品交換で直らない場合

部品送付交換により問題が直らない場合は、以下のように対応いたします。

@ その他の原因の可能性が考えられる部品がある場合は、その部品を送付し、部品送付交換を継続します。

継続の場合、まずユーザー様より、弊社より発送した部品を返送していただき、弊社にて返却部品の確認後、新たな部品を発送いたします。


A その他の原因の可能性が考えられる部品が推定できない場合は、センドバック修理 または 出張修理 となります。

B 部品交換を継続しても直らないと判断した場合は、センドバック修理 または 出張修理 となります。


AまたはBの場合、状況によっては、原因調査に時間を割く必要があり、出張修理が困難であると判断する場合があります。その場合は、センドバック修理のみの対応となります。

部品交換では直らず、センドバック修理を行う場合は、送付した部品を機体と同梱して返却してください。

部品交換では直らず、出張修理を行う場合は、部品内容や出張状況によって、部品を返送していただく場合と、出張作業員に手渡しで返却していただく場合があります。






■ 修理料金

部品送付交換は、保証期間内あるいはレンタル契約の機体にのみに適用されるサポートです。
従って、交換した部品については、無償提供となります。
ただし、部品の発送、返却に関わる送料については、各発送者負担となります。「サポート料金」の「部品送付」を参照してください。


※ 理由に如何に関わらず、部品到着後、3営業日以内に弊社へ部品が返却されない場合は、部品代金を請求させていただきます。