レーザー彫刻機 RSD-SUNMAXシリーズ LT5030/6040とGS・RSの 画像比較

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ

3/18 弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ RSD-SUNMAXシリーズ LT5030/6040とGS・RSの 画像比較

→ SUNMAXシリーズ比較表

→ SUNMAXシリーズ GS・RSとQS の画像比較



SUNMAXシリーズの機体は水冷レーザー管を使用しているので、水の循環が必要になります。
LTシリーズには水冷ポンプ
GS・RSシリーズには自動水冷機
が付属装置として初期搭載されています。

LTシリーズの場合、ポリバケツ等の水を収容出来る物を用意して頂き、そこで循環させます。
GS・RSシリーズの場合は、ホースとケーブルを直接機体に接続させるだけで、循環させる事が可能です。

GS・RSシリーズは自動水冷機の電源コンセントを機体に直接接続する事が出来るので
機体起動と同期して稼働・終了させる事が出来ます。
LTシリーズはオプションとして自動水冷機を付属させる事が出来ます。








RSD-SUNMAX-GS・RSシリーズはLTシリーズと比較して、より安全に加工を行えるよう、装備が充実しています。


GS・RSシリーズとLTシリーズとの比較


@ 火災報知用サイレン灯

ワークエリア内が高温になった時、サイレン灯が点灯し、警報ブザーが鳴ります。
サイレン灯

ワークエリア内の温度はX軸レールの底面に取り付けられた熱センサーによって行います。


熱センサー

A 運転キー

運転キーを適切に管理することによって、操作に不慣れな人が使用して発生する事故を防止できます。
運転キー

B 安全スイッチ

安全スイッチにより、上蓋を開けた状態ではレーザーが照射されません。
安全スイッチ





GS・RSシリーズは耐火ガラスを使用しています。LTシリーズは耐火ガラスではありません。

耐火ガラス



GS・RSシリーズには近接センサーオートフォーカスが搭載されています。。

LTシリーズにはオートフォーカスは搭載されていません。焦点合せゲージを使用しての位置合わせとなります(GS・RSシリーズも焦点合せゲージを使用できます)。



オートフォーカス




レッドポインターについて、GS・RSシリーズは光路一致型タイプとなります。


※ ロットによってレーザーヘッド取り付けタイプを装備している場合があります。

※ LTシリーズには、レッドポインターが搭載されていません。(一部製造ロッドにおいて、搭載されています)



レッドポインター




ワークエリアの照明は、LTシリーズ・GSシリーズ共にLEDライトです。


照明

LEDライトはX軸レールの底面に取り付けられています。
このため、常にレーザーヘッド付近を照らし、作業が容易になります。

※ GSシリーズはロットによって蛍光灯を装備している場合があります。
LEDライト