レーザー加工 注意事項

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ サンマックス注意事項

サンマックスシリーズは【クラス4】のレーザ彫刻機です。(JIS C6802)

■ クラス4 レーザ

危険な拡散反射を引き起こし得るレーザ。
これらは、皮膚損傷を起こすだけでなく、火災発生の危険もあり得ます。
これらの使用には細心の注意が必要となります。

■ 注意と警告

本製品を安全にお使いいただくために、製品ご使用の前に必ず取扱説明書をお読み下さい。

■ 設置上の注意

本製品は精密な機械・電子部品で作られています。
次のような場所に設置すると動作不良や故障、火災、事故の原因となりますので、絶対に避けて下さい。

  • 直射日光の当たる場所
  • ホコリや粉塵の多い場所
  • 温度変化の激しい場所
  • 湿度変化の激しい場所
  • 火気のある場所
  • 水に濡れやすい場所
  • 子供が近寄る場所
  • 管理者が監視しにくい場所
  • 人の出入りが多い場所。並びにその付近
  • 揮発性物質、燃えやすい物のある場所
  • 冷暖房機具に近い場所
  • 場所が不安定、震動のある場所

■ 必要な予防手段項目例

  • 使用者は所有するクラス種類の、JIS C6802「レーザ製品の安全基準」に基づいて運用を行ってください。クラス4の規格対策方法は、使用者の責任において判断した対策方法となります。
  • 静電気の発生しやすい場所でご使用の際は、静電防止マット等を使用して静電気の発生を防いで下さい。
  • 本製品の底面より小さな台の上に設置しないで下さい。本機底面より小さな台の上において場合、内部機構に無理な力がかかり、動作に悪影響を及ぼします。本体より広い平らな面の上に設置してください。
  • 長期間使用しない場合は、レーザー管および自動水冷機内の水を抜いてください。冬場は凍結する場合があり、凍結すると破損につながります。また、不凍液を使用している場合は、不凍液の成分が凝固して水流ができない状態になる場合があります。季節、不凍液の使用の有無にかかわらず長期間(7日以上)レーザー加工機を使用しない場合は、必ず水を抜いてください。

■安全上の警告

感電の危険あり発火性あり爆発の危険あり

煙が出たり、変な臭いや音がするなど異常状態のまま使用しないで下さい。

感電・火災の原因となります。
すぐに電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントからぬいて販売店にご相談下さい。
お客様により修理は危険ですから絶対にしないで下さい。



(取扱説明書で指示されている以外の)分解や改造はしないで下さい。

けがや感電・火災の原因となります。



表示されている電源をご使用下さい。

表示されている電源(100V〜110V)以外の電源を使用すると、本機が故障したり、感電・火災の原因となります。
(※LTシリーズの機体本体に関しましては100V〜220V対応しております。)
専門の電気工事会社にご確認下さい。



レーザ出力は90%以下でご使用下さい。

レーザ機加熱防止のため必ずレーザ出力は90%以下でご使用下さい。
90%以上でご使用の場合(特に長時間使用の場合)、火災・爆発の恐れがあります。



濡れた手で機械や電源プラグを触らないで下さい。

濡れた手で触ると感電の原因となります。



火気の近くで作業しないで下さい。

タバコの火等火気がある場所で使用しないで下さい。
火災・爆発の原因となります。



電源コードのタコ足配線、ほこりに注意して下さい。

タコ足配線や、ほこりが付着していると発熱し、火災・爆発の原因となります。
コンセントから電源を直接取って下さい。



電源プラグの取り扱いには注意して下さい。

取り扱いを誤ると火災の原因となります。
電源プラグを取り扱う際には、電源プラグにほこり等の異物が付いていないか確認後、根元まで確実に差し込んでください。



加工中は加工機から絶対に離れないようにして下さい。

消炎エアー、送風機、水冷機の循環、温度、レンズの焦点、を常に確認し、加工中は絶対席を離れないようにして下さい。
加工材料、加工機より出火し、火災・爆発の恐れがあります。



異物や水などの液体が内部に入った場合はそのまま使用しないで下さい。

感電・火災・爆発の原因となります。
直ちに電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて販売店にご相談下さい。



時計・指輪等金属類を身に付けて使用しないで下さい。

金属に当たったレーザ光が反射して意図しない方向へ放射される恐れがあります。
目や身体にあたり怪我をする恐れがあります。

■安全上の注意

加工中は絶対に冷却水を循環させて下さい。

冷却水を循環させずに使用すると、レーザ管が温度の上昇により破損する恐れがあります。
また、長時間連続して作業する場合は、水温が高くならないように注意し、高温になった場合は冷却水を交換して下さい。



本製品を運搬するときは慎重に持ち運び、振動を避けて下さい。

破損しやすい部品を使用しています。
光路システム等に影響を与える恐れがある為、慎重に運搬して下さい。



本製品を定期的に清掃して下さい。

安定した性能を維持する為に、作業台・反射鏡・焦点レンズ・レール・ベアリングを定期的に清掃して下さい。レールには潤滑剤を塗って下さい。



電源が入っている状態で電源プラグを抜き差ししないで下さい。

感電・故障の原因となります。



不安定な場所(ぐらついた台や傾いた所)に設置しないで下さい。

落ちたり、倒れたりして故障や怪我をする恐れがあります。



湿気やほこりの多い場所に置かないで下さい。

本機の性能が低下する恐れがあるばかりでなく、感電・火災の原因となります。



本製品の通気口をふさがないで下さい。

通気口をふさぐと内部に熱がこもり、火災・爆発の原因となります。



長期間ご使用にならないとき。

安全の為に電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて下さい。



消耗部品等を交換するとき。

安全のために電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて行って下さい。販売店に交換を依頼することをお勧めします。