RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズ制御用ソフトウェア VisionLaserCut

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


レーザー彫刻機 サンマックスQS-CMOS 専用ソフト

■ VisionLaserCut(GS-CMOSシリーズ制御用ソフトウェア)

RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズには制御用ソフトウェアとして「VisionLaserCut Ver. 1.0」が付属します。
「VisionLaserCut」はWindows2000、XPに対応しています。



2種類の加工モード

VsionLaserCutには、「画像一致切断モード」と「データ切断モード」の2種類の加工モードがあります。
加工モードにより、VisionLaserCutの表示、操作は大きく異なります。


画像一致切断モード : レーザーヘッドに装着されたカメラを使用します。
加工素材の画像から、VisionLaserCutを使用して、任意の形状の「一致モデル」を作成した後、加工を開始すると、指定したワークエリア範囲のカメラ映像から「一致モデル」と近似する箇所を検知し、自動で切断加工します。
複数の図案が並んだ加工素材を、図案毎にくりぬき・切り取り作業をするのに適しています。

データ切断モード : カメラを使用せず、VisionLaserCutのデータ画面上で作成、あるいは外部ソフトウェアで作成したアウトラインデータに従って、切断加工を行います。

■ 画像一致切断モード

画像一致切断モード 画面例 VisionLaserCut 画像一致切断モード

画像一致切断モードは次のような特徴があります。

  • 複数の一致モデルを設定可能です(通常は2種類程度まで。一致モデルの数に制限はありませんが、処理速度が遅くなります。)。
  • ひとつの一致モデルに複数のパスデータを作成できます。
  • ひとつの一致モデルに複数のレイヤーが指定可能です。レイヤーを使用して、複数の加工設定が混在できます。
  • 一致モデルは複数の方法で作成可能です。
    1. カメラ映像から加工素材の輪郭を抽出して作成する
    2. VisionLaserCut上でマウスを使用して任意の図案を作成する
    3. 外部ソフトウェアで作成したアウトラインデータをインポートして作成する
    4. 上記1〜3を組み合わせて作成する
  • 複数種の「位置決めフィルター」を搭載し、厳密な一致の検知だけで無く、相似度が低い図案も検知可能です。フィルターの設定により、検知精度を制御できます。

    位置決めフィルターの種類

    1. オーバーラップ : 各々の図案の一部分が重なっていた場合に、どのように判定するかを設定できます。
    2. 最小近似値 : 各々の図案の近似の度合い(近似誤差)を調整します。
    3. 角度 : 各々の図案の角度の範囲を設定します。
    4. 範囲 : 一致モデルの範囲(サイズ)を指定し、モデルの周囲の状況を含めた検知が行えます。
  • カメラの露出・ゲインの調整により、設置場所の照度の違いに対応できます(自動追従はしません)。
  • 2種類の検知のパス(走査順序・方法)が選択できます。

    パスの種類

    1. 配列パス : 加工素材にある各々の図案が格子状に配置されている場合に使用します。
      縦方向および横方向の配列数と間隔を指定することにより、自動的な走査・検知を行います。
    2. カスタムパス : 加工素材にある各々の図案がランダムに配置されている場合に使用します。カメラ映像を確認しながら、検知経路を手動で指定します。
      (ランダムな配置の図案に対して、「配列パス」を使用することは可能です。しかし検知精度は低下します)
  • シミュレーション機能を使用すると、実際の加工は行わず、検知結果を確認することができます。
    誤検知を防止することができます。
  • 生産数カウンターを搭載しています。加工数の把握が容易にできます。


RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズの「画像一致切断モード」については、こちらを参照してください。

■ データ切断モード

データ切断モード 画面例 VisionLaserCut データ切断モード

データ切断モードは次のような特徴があります。

  • LaserCutのサブセット版で、操作はほぼ同一です。
  • 外部ソフトウェアを使用して作成したアウトラインデータをインポートできます。
  • またVisionLaserCut自体にも簡易的な作図機能を備えているため、デザイン用ソフトウェアで作成したデータを編集したり、VisionLaserCut単体でデザインを作成することが可能です。
  • レイヤー機能を使用して、ひとつのデータ内で複数の加工設定を混在させることが可能です。
  • 即時原点を使用すれば、ワークエリア内の任意の位置に加工素材を置いて加工することができます。もちろんデータで作成した絶対座標の位置に加工を行うことも可能です。


RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズの「データ切断モード」については、こちらを参照してください。

■ VisionLaserCutの注意点

  • RSD-SUNMAX-QSおよびRSD-SUNMAX-GSの制御用ソフトウェアLaserCut のデータファイル形式(*.ecp)とは互換性はありません。
    VisionLaserCut と LaserCutの機能の主な差異は「LaserCut と VisionLaserCut 比較表」を参照してください。
  • データ切断モードには編集機能が実装されていますが、他のデザイン用ソフトウェアでデータを作成しインポートすることを基本的な使い方となります。
    Adobe Illustratorを推奨いたします。
    画像一致切断モードは、加工内容に判断が異なります。
  • VisionLaserCutは、切断加工のみ可能です。彫刻加工(等間隔に走査しながら彫り進む)はできません。
  • データ切断モードの場合はカメラ画像を使ってデータを作成することはできません。画像一致切断モードのり一致モデル画面でカメラ映像の輪郭データを取得して後、エクスポートした場合、そのデータをインポートすればデータ切断モードでも使用可のです。
  • 他社製デザイン用ソフトウェアの使用方法等のお問い合せに関しましては、弊社では対応いたしかねます。

■ 対応パソコン

オペーレーティングシステム
  Microsoft Windows 2000 または XP

マザーボード
  • 上記オペーレーティングシステムが問題なく動作すること。
    CPUの処理速度、メモリ容量が上記オペレーションの推奨値以上であること。
  • USB 2.0 ポートが2つ以上使用できること。
  • PCI バススロットに2つ以上の空きがあること(PCI 2.3準拠の 32ビットの33MHz、5VのPCIバス)。
HDD
  10GBytes以上の空きがあること。

CD-ROM / DVD-ROM
  CD-RおよびDVD-Rが読み取り可能な装置があること。

その他
  • できる限り、他のソフトウェアがインストールされていない状態のパソコンを使用してください。
    純正のMicrosoft Windowsがインストールされ、ソフトウェアの更新だけがされたパソコンが望ましいです。
  • ウィルスチェック用ソフトウェアはアンインストールしてください。
  • Windows、Linux、Mac等の仮想化アプリケーション上で動作するWindowsにインストールした場合の動作につきましては、動作保証外となります。

■ ソフトウェア・ユーザーマニュアルのダウンロード