レーザー加工用 粉塵爆発圧力放散型集塵機 PiE-30SDN

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■粉塵爆発圧力放散型集塵機 PiE-30SDN


粉塵爆発圧力放散型集塵機 PiE-30SDN

■PiE-30SDNの特長・用途

マグネシウムを除く爆発性・可燃性粉体の集塵用途
・アルミニウム ・アルミ軽合金 ・チタン ・コーンスターチ
・エポキシ樹脂 ・微粉炭 などの吸引

インテリジェントタイプ粉塵爆発圧力放散型集塵機

フィルター交換時期や運転データをお知らせします。
アルミニウム製ファンケーシング・粉塵防爆モーターなどにより、集塵機内部での火花発生を防止、粉塵爆発の原因となりにく構造です。

パルスジェット

圧縮エアーの力でフィルターをクリーニングします。

安全対策

  • 爆発圧力放散口
  • 集塵機内部で粉塵爆発が起きた時にエネルギーを放散するため集塵機本体の破裂を防止します。
  • 逆止弁
  • 爆風と火災の集塵配管への逆流を防止。作業者を爆風から守ります。
  • 消火口
  • 集塵機内部で火災が発生した場合、消火口から安全に消火作業をおこなうことができます。
  • 防塵電装ボックス
  • パッキン等で密閉されているため粉塵爆発の原因になりにくい構造です。
  • 制電フィルター
  • 形状は成形カートリッジ。帯電防止対策を施しています。

    ■ PiE-30SDNの仕様

    型式 PiE-30SDN
    電源 3相200V 50Hz/60Hz、3相220V 60Hz 各専用
    出力(kW) 1.5
    モーター型式 粉塵防爆普通防塵型
    集塵機本体 風量(m3/min) 0 15 25
    静圧(kPa) 2.72 1.71 0.60
    騒音(dB[A]) 76±2以下
    フィルター 面積(m2) 9.0
    数量(個) 4
    形状 成形カートリッジ(制電フィルターアース線入り)
    払落 自動パルスジェット(差圧検知)
    バケット容量(L) 22
    電源コード(m) 5(4心・プラグなし)
    吸込口径(mm) Φ150
    大きさW×D×H(mm) 854×1438×1850
    質量(kg) 370
    塗装色 日塗工S11-344
    センサー機能 静圧表示(フィルター圧損、ダクト圧損)
    回転方向チェック 積算運転時間
    集塵ブロック別異常診断(エラーメッセージ)



    レーザー館よりご購入いただけます





    ■ 構造図

    粉塵爆発圧力放散型集塵機 PiE-30SDN



    ※標準仕様の性能値を記載しています。特注仕様では性能値は変化することがあります。
    ※仕様書に記載された騒音値は、当社規定による実測値で、すべての使用条件について騒音値を保証するものではありません。(パルスジェット作動時の騒音値は除いてあります。)
    ※大きさは本体のみの寸法です。逆止弁、電装箱、屋外使用のルーフ等は含まれません。
    ※性能表示は逆止弁を取り付けた状態における吸込み口性能です。
    ※導電性を有する金属製ダクトを接続し、アースしてください。(ホース不可)

    粉塵爆発圧力放散型集塵機の商談では「打ち合せ確認書」が必要です。
    詳しくは弊社担当者までお問い合わせください。

    本機の商談では、有料爆発試験および危険性評価を実施していただくことが必要です。
    1)爆発指数(Kst値) 2)最大爆発圧力(Pmax) 3)最小着火エネルギー(MIE)






    トップページ




    レーザー加工ブログ

    twitter

    YouTube