金属加工(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ

3/18 弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 金属加工

金属への加工


RSD-SUNMAXのような200W以下の出力のCO2レーザー彫刻機は、波長の関係で金属への直接の加工はできません。 一般的に200W以上のレーザー加工機ならば、金属への直接の加工が可能になると言われています。
通常、金属への直接の彫刻・マーキング加工を行いたい場合はCO2レーザー加工機ではなく、YAGレーザーを使用します。

RSD-SUNMAXシリーズで金属にマーキング加工を行う場合は、金属彫刻剤を表面に塗布して行います。金属彫刻剤「RSD メタルマーカー」を使用してレーザー加工を行えば、金属の種類を問わず、マーキングを施すことができます。

アルマイト、塗装された金属、被覆金属、コーティングを施された金属には、直接マーキングできます。これは塗装や表面処理をレーザー加工によって除去することにより、金属生地が表出するためです。表面色と金属生地色によって、加工後のコントラストは変化します。

金属への、型番、シリアル番号、バーコードなどのマーキングや、名入れなど、使用範囲は多岐にわたります。


逆に、金属生地には加工ができないという特性を生かして、フラットケーブルの被覆剥きに使用されることがよくあります。これはケーブルにレーザーを横断するように照射させることにより、被覆だけを切断します。芯線はレーザー照射によって変化しないので、専用工具を使った手作業よりも素早く、そして確実に被覆剥きをすることができます。