ガラス加工(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ

3/18 弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ ガラス加工

ガラスへの加工



RSD-SUNMAXシリーズは、ガラスへの彫刻に使用されます。
ガラスを切断する用途には、通常「レーザーガラス切断機」と呼ばれる別種のカテゴリに属する専用のレーザー加工機が使用されます。CO2レーザー加工機でも切断は可能ですが、ガラスの組成によって熱衝撃によって粉砕される場合があり、ガラスへの入熱をコントロールしながら加工する専用の「レーザーガラス切断機」が使用されます。切断加工の際に破砕しないガラス素材であれば、RSD-SUNMAXシリーズでも切断加工が可能です。

ガラス素材は、その組成によって、彫れ方が大きく異なります。ガラスによって、加工設定の調整が必要になります。

ガラスを深掘り加工する際には、レーザー加工機ではなく、サンドブラストを使用します。サンドブラスト用のマスキングの製作には、RSD-SUNMAXシリーズが最適です。

RSD-SUNMAXシリーズをガラスの加工に使用するメリットは以下のとおりです。

  • 素材に触れずに加工を行う、非接触加工です。
    • 刃やドリルなどの接触型切断ツールのような磨耗がありません。交換作業にかかる時間が必要なく、また経済的です。
    • 接触型切断ツールのように加工箇所に圧力がかからないため、薄い素材であっても破損する心配がなく、微細な加工を行うことが可能です。

  • RSD-SUNMAXシリーズの制御用ソフトウェアLaserCutには写真などの画像データをアミ化し、彫刻ができる機能があります。他の画像加工用ソフトウェアを使用せず、写真を彫刻できます。

    ガラスへの写真彫刻


  • コップ・グラス・ビンなどの円筒形素材に対しては、回転加工機をお勧めします。回転加工機を使用すれば、円周上にレーザー彫刻を行うことができます。
    ローラー式回転加工機
    3爪式回転加工機


酒瓶(一升瓶)への彫刻
上の画像はローラー式回転加工機を使用して、日本酒の一升瓶に全周彫刻したものです。 (QS-6040 出力30 速度 200 走査間隔 0.1)


一升瓶




弊社ではレーザー加工用クリスタルガラス素材の販売を行っています。
RSD-SUNMAXシリーズを導入いただいたお客様には、ガラスの加工方法などの技術情報を提供いたします。クリスタルガラス素材につきましては、こちらを参照してください。