レーザー管の無料保証交換

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ

3/18 弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ レーザー管の無料保証交換について

新規購入後の無料保証期間内・延長保証期間内 および レンタル契約中の方は、下記の条件を満たした場合、レーザー管を無償交換致します。

【交換条件】
  • 定格出力の60%以下(※1)にレーザー出力が低下した場合
  • 正常な加工が困難なほど出力が不安定な場合
  • レーザー管の割れ、ヒビ、凍結、水漏れなど物理的な損傷がない場合(※2)


※1 「定格出力の60%以下」とは…
   レーザー出力計にて5回測定し、測定結果の平均値がレーザー管最大出力の
   60%以下に低下した時となります。

※2 理由に関わらず、物理的な破損がある場合は、無償交換は出来ません。

■ レーザー出力計の無料貸出について

レーザー出力値を測定するためのレーザー出力計の無料貸出を行っています。
レーザー出力計の無料貸出」ページを参照してください。

■ レーザー管の無料保証交換判定

レーザー管の無料保証交換には弊社による確認を要します。

確認は以下のいずれかの方法で行います。
  1. お客様宅まで有料出張により、レーザー出力計での確認
     
  2. 送料発送者負担によるセンドバック方式により、弊社内での確認
     
  3. 動画による確認方法も可能です。
    下記の「動画による判定」を参照の上、記載事項を全て含めた動画をお送りください。

■ 動画による判定

動画による判定を希望される場合は、使い方マニュアルに記載されている「撮影」項を参照の上、レーザー出力測定時の状況を撮影して下さい。

撮影に際して、アナログ/デジタル レーザー出力計のそれぞれ使用する場合において、動画の確認項目が異なりますので間違えないようお願いします。


アナログ・レーザー出力計の場合
アナログ・レーザー出力計の使い方 の「F 撮影」項を参照して撮影してください。


デジタル・レーザー出力計の場合
デジタル・レーザー出力計の使い方 の「F 撮影」項を参照して撮影してください。


※ それぞれのマニュアルに記載されている撮影内容はすべて必須事項です。ひとつでも欠けていると判断ができず、撮影し直しをお願いすることになります。マニュアルを熟読の上、撮影を行って下さい。

※ 動画をお送りいただく際は、サイズが大きくなるため、メール添付ができません。任意のクラウドストレージを使用して画像ファイルを保存後、弊社で動画の視聴・ダウンロードができるURLをお知らせください。
クラウドストレージは、データ便DropBoxGoogleドライブOneDrive等、特に指定はありません。

※ ご連絡いただくURLが長くなる場合は、URX.NUGoogle URL Shortenerbit.lyTinyURL等の短縮URLサービスを使用して、アドレスを短くしてださい。


■ 測定動画のサンプル見本

アナログ・レーザー出力計の場合
こちらを確認して下さい。


デジタル・レーザー出力計の場合
こちらを確認して下さい。