Adobe Photoshop

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー

3/18更新:弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ

サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ Adobe Photoshop

RSD-SUNMAXシリーズのレーザー加工用データに「Adobe Photoshop」を使用する場合の総合案内ページです。



Adobe Illustrator


写真・画像をレーザー加工用のモノクロビットマップデータに変換するために使用します。
メーカーサイトはこちらです。

■ Photoshopの使用

Photoshopは主に、写真画像や、画像のベタ加工を行うための、モノクロビットマップデータを作成するために使用します。

モノクロビットマップを使用して加工する場合は、彫刻(または傾斜彫刻)のみ可能で、切断加工はできません。
従って、レーザー加工機を使用して切断加工のみを行う場合は、Photoshopは必要ありません。
また、彫刻、傾斜彫刻は、アウトラインデータでも可能です。

なお、Photoshopで作成した画像データに限らず、レーザー加工機の制御用ソフトウェアLaserCutでインポートを行い、適切に加工ができるのは、「モノクロビットマップファイル」のみです。適切な画像データについての説明は「LaserCutの画像のインポートの注意」を参照してください。


レーザー加工用データの作成では、Photoshopの代替としてGIMPも使用できます。フリーソフトウェアなので、無料で使用できます。


■ Photoshop 関連資料

QS・GSシリーズ用

作業事例集
 ・アクリル板に写真を彫刻する(PhotoShop編)

技術資料
 ・グラデーション帯域を制限した画像のアミ化
 ・ガラス、石材などへの写真彫刻



RSシリーズ、LT(MPC搭載機)、LT1390用

作業事例集
 ・アクリル板に写真を彫刻する(PhotoShop編)
 ・風景写真の加工

技術資料
 ・グラデーション帯域を制限した画像のアミ化
 ・ガラス、石材などへの写真彫刻



LT(LNC-LS240A コントローラ搭載機用)

技術資料
 ・アクリル板に写真を彫刻する(PhotoShop編)

技術資料
 ・グラデーション帯域を制限した画像のアミ化
 ・ガラス、石材などへの写真彫刻



パスワードがかかっています。
閲覧につきましては、レーザー加工機をご購入されたお客様に限らせていただきます。

■ LaserCutの画像のインポートの注意

レーザー加工機の制御用ソフトウェアLaserCutでインポートを行い、適切に加工ができるのは、「モノクロビットマップファイル」のみです。

白と黒色の2色しか使っていないビットマップファイルのことである、と誤解されることがよくあります。
実は一口にビットマップ形式のファイルといっても複数の種類があり、「モノクロビットマップファイル」と「白と黒色の2色しか使っていないビットマップファイル」は必ずしも一致しません。

Photoshopで作った画像ファイルに限ったことではなく、LaserCutで画像をインポートする際は注意が必要です。


モノクロビットマップファイルの見分け方と変換方法についてはこちらを参照してください。


■ 「写真彫刻」スクリプト

「写真彫刻」スクリプトは、Photpshopで表示ているカラーの画像ファイルを、レーザーで彫刻するためのモノクロビットマップファイルに変換するためのスクリプトです。
生成されたビットマップファイルをLaserCutにインポートすることにより、写真の彫刻が可能になります。

ZIPファイルです。ダウンロード後、解凍して使用してください。



        「写真彫刻」スクリプト



パスワードがかかっています。
ダウンロードしたZIPファイルの解凍につきましては、レーザー加工機をご購入されたお客様に限らせていただきます。

■ 画像のベタデータを作成するためのマニュアル

写真などの画像データをベタ加工するためのデータを作成するマニュアルです。
ベタ加工は、アミ化などをせずに、階調表現をしないでモノクロ化したものです。

Photoshopのベタデータ作成 マニュアル


パスワードがかかっています。
ダウンロードしたZIPファイルの解凍につきましては、レーザー加工機をご購入されたお客様に限らせていただきます。

■ 注意

Adobe Photoshopは、弊社および弊社が製造・販売する製品とは関係がありません。

Adobe Photoshopに関する操作等のお問い合わせにつきましては、弊社では対応できません。ご了承ください。