Adobe Illustrator

サンマックスレーザードットコムサンマックスレーザー

サイト内検索

中古情報

レンタル情報

出張講習・設置

レーザーデモ

無料サンプル

受託加工

受託加工

レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

3年・5年延長保証料を値下げしました。(2017/10/11)

セットアップ代行サポートを追加しました。(2017/9/13)

遠隔サポートを追加しました。(2017/9/13)

iPhoneアプリSUNMAX Designerを右メニューに追加しました。(2017/7/14)

レーザー彫刻機 RSD-SUNMAXシリーズの比較表を更新しました。(2017/6/5)


お知らせ

Windows10の対応機種
以下の機種はWindows10 に対応しています
・GS4030
・GS7050
・GS9060
・GS1290
・GS1490
・RS4030
・RS7050
・RS9060
・RS1290
・RS1490
・LT5030
・LT6040
・LT1390


一般社団法人日本工作機械工業会「生産性向上設備投資促進税制」の生産性向上設備 対象加工機として認定されました。


RSシリーズおよびLT1390のLANケーブルによる接続・制御につきましては、現在開発中です。
環境、バージョン、機種により正しく動作しない場合があります。
従いまして、現状、LAN機能は動作保証外となります。


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


規定値外反射鏡交換のお知らせ


RSD-SUNMAX-GSシリーズのレッドポインターミラーについて、特定製造ロットで使用したものの一部に規定値を外れた物があることが判明いたしました。

該当する機体を所有するユーザー様は交換をお願いいたします。

詳しくはこちらを参照してください。

■ Adobe Illustrator

RSD-SUNMAXシリーズのレーザー加工用データを「Adobe Illustrator」で作成する場合の総合案内ページです。



Adobe Illustrator


レーザー加工用のデザインデータを作成するために使用します。
メーカーサイトはこちらです。

■ Illustratorでデータを作成するための注意情報

以下の内容は全機種共通です。

・Illustratorでデータを作成する際は、(加工仕上がりの)実寸で作成してください。


・Illustratorで作成したAI形式のファイルをLaserCutにインポートした場合、データ内容によって、適切にインポートできない場合があります。こちらを参照の上、対処してください。


・LaserCutでAI形式のファイルをインポートした場合、アウトラインデータのみインポート可能です。アウトラインデータ以外は無視されます。
 塗りつぶし、線の太さも無視されます。Illustratorの「アウトライン表示」で表示される内容がインポートされます。


・「基本」以外のブラシで線を描画すると、その形状がアウトラインデータとしてデータに反映されてしまうため、適切なデータとならない場合があります。


・「均等」以外の線幅プロファイルで線を描画すると、その形状がアウトラインデータとしてデータに反映されてしまうため、適切なデータとならない場合があります。


・文字列オブジェクトは必ずアウトライン化してください。


・Illustratorで作成したデータを「切断」モードで加工する際は、必ず AI形式(*.ai)で保存するか、あるいはDXF形式(*.dxf)で書き出してください。


・Illustratorで作成したデータを「彫刻」モードで加工する際は、必ず AI形式(*.ai)で保存するか、あるいはDXF形式(*.dxf)または「モノクロBMP形式(*.bmp)」で書き出してください。


・Illustratorでレイヤー分けしても、LaserCutでは反映されません。線色を変化させることによりレイヤー分けされます。


・Illustratorで線色を変え、LaserCutにインポートしたあとに自動でレイヤー分けする場合は、Illustratorのカラーモードは「CMYK」にしてください。「RGB」の場合は、レイヤー分けされません。


・Illustratorでパスファインダーなどの処理をすると、アウトラインデータが重複してできている場合があります。重複したアウトラインデータをLaserCutにインポートして加工すると、適切な加工にならない場合があります。意図しない重複線は削除してください。


・IllustratorでLaserCut用のデータを保存するには複数の方法があります。それぞれの方法の注意事項は、こちらを参照してください。




■ 互換性情報

Adobe Illustrator のAIファイル形式のバージョン互換表です。

バージョンは、必ずしもAdobe Illustratorのバージョンではなく、Illustratorでファイル保存する際に指定するバージョンです。



GS、QSシリーズ (LaserCut5.x)

AIファイルのバージョン インポート可否
3.0 / 3.2 ×
4 ×
5.0 / 5.5
6
7
8
9 ×
10
CSシリーズ
CC

× : インポート不可
△ : 警告ダイアログが表示されるがインポートは可能
〇 : インポート可

※ たとえ「インポート可」であっても、データ内容・設定により、正しくインポートされない場合(データの欠損、変形)があります。
  また、正しくインポートできない場合でも、バージョンを変更することにより、良くなる場合があります(その反対もあります)。
  CS、またはCCを使用している場合は、まずは、バージョンを設定せずにファイル保存 → LaserCutにインポートしてください。それで適切にインポートできなければ、「10」で保存してインポートしてみてください。




RSシリーズ、LT5030・6040(MPC搭載機)、LT1390 (LaserCut6.1J)

AIファイルのバージョン インポート可否
3.0 / 3.2 ×
4 ×
5.0 / 5.5
6
7
8
9 ×
10
CSシリーズ
CC

× : インポート不可
〇 : インポート可

※ たとえ「インポート可」であっても、データ内容・設定により、正しくインポートされない場合(データの欠損、変形)があります。
  また、正しくインポートできない場合でも、バージョンを変更することにより、良くなる場合があります(その反対もあります)。
  CS、またはCCを使用している場合は、まずは、バージョンを設定せずにファイル保存 → LaserCutにインポートしてください。それで適切にインポートできなければ、「10」で保存してインポートしてみてください。




LT5030・6040 (LNC-LS240A コントローラ搭載機用) (LaserCutLT)

AIファイルのバージョン インポート可否
3.0 / 3.2 ×
4 ×
5.0 / 5.5 ×
6
7
8
9 ×
10
CSシリーズ
CC

× : インポート不可
△ : インポートはできるが、ほとんどの場合、正しくインポートされない
〇 : インポート可

※ たとえ「インポート可」であっても、データ内容・設定により、正しくインポートされない場合(データの欠損、変形)があります。
  データ内容によって、必ず変形しますので、変形した場合は、下記の技術資料「aiファイルをインポートすると変形する場合の対処」を参照してください。

■ illustrator 関連資料

QS・GSシリーズ用

作業事例集
 ・彫刻 (Adobe Illustrator 編)
 ・アクリルの切断加工(Adobe Illustrator 編)
 ・ゴム印 製作(Adobe Illustrator 編)
 ・木札の製作(Adobe Illustrator 編)
 ・紙に印刷された図案を切断加工する(Adobe Illustrator編)

技術資料
 ・Adobe Illustratorファイルのインポート



RSシリーズ、LT(MPC搭載機)、LT1390用

作業事例集
 ・彫刻 (Adobe Illustrator 編)
 ・アクリルの切断加工(Adobe Illustrator 編)
 ・ゴム印 製作(Adobe Illustrator 編)
 ・木札の製作(Adobe Illustrator 編)
 ・紙に印刷された図案を切断加工する(Adobe Illustrator編)

技術資料
 ・Adobe Illustratorファイルのインポート



LT(LNC-LS240A コントローラ搭載機用)

技術資料
 ・アクリルの切断(Illustrator編)
 ・ゴム印 製作(Illustrator編)

技術資料
 ・aiファイルをインポートすると変形する場合の対処(LaserCutLT編)



全機種共通

技術資料
 ・Adobe Illustratorでプレビュー表示されているデータ内容通りに加工する
 ・Adobe Illustratorでプレビュー表示されているデータ内容通りに加工する 2
 ・Adobe Illustratorでプレビュー表示されているデータ内容通りに加工する 3



パスワードがかかっています。
閲覧につきましては、レーザー加工機をご購入されたお客様に限らせていただきます。

■ インポートが失敗する場合

Adobe Illustrator で作成したデータをLaserCutでインポートして適切にインポートできない場合、以下の方法を試してください。

@ 保存時にIllustratorのバージョンを変更(保存時のオブションで)してみる。
バージョンを変更をすることにより、インポート後のデータ内容が変化しても、正常になる場合はそれほど多くありませんが、データ内容によって直る場合があります。


A ai ファイルで保存するのではなく、dxfファイル形式で書き出しを行う。
データ内容により、この方法で正常にインポートできるようになる場合があります。LaserCut6.1Jの場合は、正常になる可能性が高いです。


B Corel Drawを使用する。
Corel Drawがあれば、Illustratorでaiファイル形式で保存し、それをCorelDrawで開きます。そしてCorelDrawを使用して、dxfファイル形式で保存し、LaserCutでインポートします。
データ内容により、この方法で正常にインポートできるようになる場合があります。


C スクリプトの使用
「パスの取得」スクリプトを使用して、データを作成します。


D 技術資料のデータ変更
「Adobe Illustratorでプレビュー表示されているデータ内容通りに加工する」シリーズを参照して、データを修正します。
これらの技術資料はインポート失敗を回避するためのものではありませんが、結果的に、インポートできるようになります。



※ LT5030・6040の変形の場合(LNC-LS240A コントローラ搭載機のみ)
「aiファイルをインポートすると変形する場合の対処」を参照してください。

■ 「パスの取得」スクリプト

「パスの取得」スクリプトは、Illustratorで開いているファイルのアウトラインデータを、様々な処理を解除して、単なるパスデータの集まりとして単一のレイヤー上に再構築し、新たなドキュメントを作成します。
このドキュメントを保存し、LaserCutにインポートすることにより、データの複雑さに起因するインポートの失敗を回避できます。

「パスの取得」スクリプトを使用することにより、LaserCutにAIファイルをインポートして時にデータの欠損、変形が発生する場合、あるいはLaserCutが強制終了してしまうなどの問題に対処できます。

ZIPファイルです。ダウンロード後、解凍して使用してください。



        「パスの取得」スクリプト



※ Illustrator のスクリプトの仕様により、データ内容によっては、適切に動作しない場合があります。詳細は、ZIPファイルに含まれるマニュアルを参照してください。

※ LT5030・6040の変形の場合(LNC-LS240A コントローラ搭載機のみ)には効果はありません。

パスワードがかかっています。
ダウンロードしたZIPファイルの解凍につきましては、レーザー加工機をご購入されたお客様に限らせていただきます。

■ LaserCutでインポートするための保存方法

AI形式で保存


標準的な方法です。「切断」、「彫刻」、「傾斜彫刻」を行う場合に使用できます。

Illustrator のメニューの「ファイル」−「保存」、または「別名で保存」をクリックします。保存ダイアログが表示されたら、ファイルの種類を「Adobe Illustrator (*.AI)」にして保存します。

「Illustrator オプション」ダイアログが表示されたら、「オプション」の項目にあるすべてのチェックボックスのチェックを外してください。






モノクロBMP形式で書き出し


「切断」加工は行えません。「彫刻」加工用にビットマップファイルを書き出します。「傾斜彫刻」は、LaserCut5.xのみ対応します。

アウトライン線を塗りつぶしで隠している場合に有用です。
なお、モノクロBMP形式で書き出しする際は、線と塗りつぶしの色は、必ず「白 #FFFFFFF」と「黒 #000000」にしてください。それ以外の場合(一見黒に見える濃いグレー、一見白に見える薄いクリーム色等)は、適切なデータになりません。


Illustrator のメニューの「ファイル」−「書き出し」をクリックします。保存ダイアログが表示されたら、ファイルの種類を「BMP (*.BMP)」にして保存します。

「ラスタライズ オプション」ダイアログが表示されたら、カラーモード : モノクロ2階調、解像度 : その他 1016(または1000) ppi に設定してください。アンチエイリアスは設定しません。






DXF形式で書き出し


「AI形式で保存」したデータが、LaserCutにインポートして問題が発生した場合に、DXF形式で書き出しを行うと、(試みる価値がある、程度ですが)改善する場合があります。「AI形式で保存」で問題がなければ、あえて行え必要はありません。「切断」、「彫刻」、「傾斜彫刻」を行う場合に使用できます。

Illustrator のメニューの「ファイル」−「書き出し」をクリックします。保存ダイアログが表示されたら、ファイルの種類を「AutoCAD Interchange File (*.DXF)」にして保存します。

「DXF/DWF 書き出し オプション」ダイアログが表示されたら、通常は、初期値のままで大丈夫です。「線幅を拡大・縮小」はチェックを入れないでください。
なお、「AutoCADバージョン」は、R13/LT95にしてください。2006、2000等の設定でもインポート可能なデータになりますが、古いバージョンの方が若干安定します。

LaserCut5.x で、DXF形式のファイルをインポートすると、ワークエリアの中央から外れた位置にインポートされる場合があります。








■ 注意

Adobe Illustratorは、弊社および弊社が製造・販売する製品とは関係がありません。

Adobe Illustratorに関する操作等のお問い合わせにつきましては、弊社では対応できません。ご了承ください。







ファイバーレーザーのご紹介

RSD-FL1325L

RSD-FL1325

RSD-FL3015C

RSD-FL3015M

RSD-FL3015G

RSD-FL1330

RSD-FL1530

RSD-FL1390

RSD-FL0640


RSD-FL1800


RSD-FL1325LC


RSD-FL30


FLシリーズ 加工サンプル

GSシリーズのご紹介

GSシリーズ トップページ

GS-1325D

GS-4030

GS-7050

GS-9060

GS-1290

GS-1490

GS-1812

GS-1290-CMOS

GS-4030C

受注生産機


GSシリーズ 加工サンプル

RSシリーズのご紹介

RSシリーズ トップページ

RS-4030

RS-7050

RS-9060

RS-1290

RS-1490

RS-1812


RSシリーズ 加工サンプル

LTシリーズのご紹介

LTシリーズ トップページ

LT-6040

LT-1390


LTシリーズ 加工サンプル

レーザー加工機について

レーザー加工機の選び方

GSシリーズの特徴

RSシリーズの特徴

LTシリーズの特徴

SUNMAXシリーズ比較表

SUNMAXシリーズ加工可否表

SUNMAXシリーズの画像比較

主要部品互換リスト

消費電力

ランニングコスト

デモ動画

オプション機器のご紹介

ローラー式回転加工機

3爪式回転加工機

マックスクリーンボー5

マックスクリーンボー4

マックスクリーンボー3

マックスクリーンボー2

金属彫刻剤

便利グッズの紹介

GS-CMOS化 改造キット

CMOSカメラ位置決めキット

サポート

問題発生時の対応案内

サポート価格

来社講習

遠隔サポート

セットアップ代行サポート

弊社発送料金

メインテナンス

注意事項

保証規約

保証期間の延長

他メーカーとの比較

よくある質問

ダウンロード

セットアップ一式

GSシリーズ資料

RSシリーズ資料

LTシリーズ資料

制御用ソフトウェア

GSシリーズ用 LaserCut 5.x

LaserCut 6.1J

LaserCut LT

Vision LaserCut

EzCad2J

LaserMarkingSystem

外部ソフトウェア

Adobe Illustrator

Adobe Photoshop

Corel Draw

GIMP

ご案内

展示会

レーザー加工機の買取・下取

レーザー加工ブログ

SUNMAXカタログ(PDF)