ネームプレート(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ アクリル製 ネームプレートの製作

ネームプレート
アクリルはレーザー加工によって凹みますが、木材などのように色が出ません。そこで耐水性のアクリル絵の具を使って色入れします。 W色ABSプレート等の2層板を用いれば加工して削れた部分がそのまま図柄になりますが、塗料を使い色入れをおこなえば、さらに多色で多彩な表現が可能です。



アクリル板を用意する

アクリル板から切り抜く場合、保護紙は付けたままにしておきます。 写真ではネームプレート用の プラスプレート (名札用の大きさに予めくり抜かれている)にマスキングテープを貼ったものを用いました。


アタリ位置を付ける

ネームプレートのアタリ位置をあらかじめレーザーで付けておきます。写真では紙にアタリを付けていますが、複数個作成するときは、スチロールボードやアクリルでネームプレートの型をくり抜いたものを作っておくといいかもしれません。


ネームプレートを設置します

加工を開始します
アタリ位置にネームプレートを置き加工を開始します。



彫刻された部位だけ保護紙が剥がれます
彫刻された部位だけ保護紙が剥がれ、これが色入れする時のマスクになります。
剥がれた周囲が汚れますが水を付けた筆等で軽く払って落とします。強くこするとマスクが剥がれるので注意してください。


色入れをおこないます。
アクリル絵の具で色を入れます。今回使用したアクリル絵の具は、リキテックス社製のものです。絵の具をパレットに取ってもいいのですが、無駄が出ないよう直接筆に取って塗りました。2度塗りするとムラがなくなります。2度塗りの間隔は2,30分程度です。
複数の色を使うときは筆を水洗いしてから他の色を使います。また、全ての色入れが終わった後も必ず筆を水洗いしてください。アクリル絵の具は乾く前は水性ですが、乾くと耐水性なので落ちなくなります。乾いてしまった場合は専用のリムーバーを使って落とします。


マスクを剥がします。
半日以上かけ充分乾燥させてからマスクを剥がします。ピンセットやセロハンテープを用いて剥がします。