彫刻・傾斜彫刻時の助走距離の調整

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 彫刻・傾斜彫刻時の助走距離の調整 注意

・助走距離の短縮は加工スピードが遅い場合のみ行って下さい。
・加工品質が変化する場合がありますので、仕上がりを見て、自己判断で行って下さ
 い。
・助走距離を初期値よりも長くするのは、基本的には加工品質に変化はありません。

  ※ 設定変更は、レーザー加工機およびLaserCutの操作に熟練したユーザー
    様が、内容を理解した上で行って頂くことを前提にしています。マシン設
    定の変更は、レーザー加工機の動作およびレーザー加工品質に影響を与え
    ます。誤った設定は問題を発生される場合があることをご理解の上、行っ
    て下さい。

■ 彫刻・傾斜彫刻時の助走距離の調整

彫刻・傾斜彫刻時の助走距離の調整を行うにはLaserCut5.5 のマシン設定で行います。

@ メニューの「ファイル」−「マシン設定」をクリックし、マシン設定ダイアログを開きます




A マシン設定ダイアログの左ペインにある「彫刻」クリックして下さい。




B 設定を確認します。助走距離の設定値は「加速の長さ」です。

設定は弊社出荷時は機体によって異なります。またユーザーが設定を変更した場合もあります。従って、下図とは内容が異なります。



上図例では、25.0[mm]になっています。この数値を小さくすることにより、助走距離を短縮できます。

※ 何も設定がされていない場合は、【追加】ボタンをクリックして、設定を作って
  下さい。


C 速度範囲毎に行になっていますので、変更する加工速度範囲の行をクリックして選択状態にして、【編集」ボタンをクリックします。

彫刻設定ダイアログが表示されるので、「加速の長さ」の値を変更して下さい。



OKボタンをクリックすると、設定が変更されます。


D 傾斜彫刻の場合も同様に行って下さい。



E 設定が終わったら、【ダウンロード】をクリックして、「設定のダウンロード」を行って下さい。




注意 「最高速度」が速すぎる場合は、設定を分割して下さい。

例) 速度の範囲が0〜150に設定されているが、実際に助走距離を短縮したいのは速度が30以下の時だけの場合