データ切断モード

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ データ切断モードとは?

RSD-SUNMAX-GS-CMOSシリーズの「データ切断モードについて説明します。


「データ切断モード」は、レーザーヘッドに装着したCMOSカメラを使用せず、作成したアウトラインデータどおりに切断加工を行います。

データ切断モード
VisionLaserCutの「データ切断モード」画面

■ 加工内容

通常のレーザー加工機と同様に、アウトラインデータを作成(またはインポート)し、そのデータに従って切断加工を行います。

※ 切断加工のみ可能です。彫刻、傾斜彫刻などは行えません



データ切断モードの編集機能は、RSD-SUNMAX-GSシリーズの制御用ソフトウェアLaserCutのサブセット版です。LaserCutとの差異については、こちらを参照してください。
基本的には、LaserCutと同様に、Adobe Illustratorなどの外部ソフトウェアでデザインを行い、VisionLaserCutでデータをインポートして加工を行う、という方法を推奨します。