レーザー加工用便利グッズ 焦点合わせゲージ

サンマックスレーザードットコムサンマックスレーザー

サイト内検索

中古情報

レンタル情報

出張講習・設置

レーザーデモ

無料サンプル

受託加工

受託加工

レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

3年・5年延長保証料を値下げしました。(2017/10/11)

セットアップ代行サポートを追加しました。(2017/9/13)

遠隔サポートを追加しました。(2017/9/13)

iPhoneアプリSUNMAX Designerを右メニューに追加しました。(2017/7/14)

レーザー彫刻機 RSD-SUNMAXシリーズの比較表を更新しました。(2017/6/5)


お知らせ

Windows10の対応機種
以下の機種はWindows10 に対応しています
・GS4030
・GS7050
・GS9060
・GS1290
・GS1490
・RS4030
・RS7050
・RS9060
・RS1290
・RS1490
・LT5030
・LT6040
・LT1390


一般社団法人日本工作機械工業会「生産性向上設備投資促進税制」の生産性向上設備 対象加工機として認定されました。


RSシリーズおよびLT1390のLANケーブルによる接続・制御につきましては、現在開発中です。
環境、バージョン、機種により正しく動作しない場合があります。
従いまして、現状、LAN機能は動作保証外となります。


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


規定値外反射鏡交換のお知らせ


RSD-SUNMAX-GSシリーズのレッドポインターミラーについて、特定製造ロットで使用したものの一部に規定値を外れた物があることが判明いたしました。

該当する機体を所有するユーザー様は交換をお願いいたします。

詳しくはこちらを参照してください。

■ 便利グッズ 焦点合わせゲージ

   焦点合わせゲージ
RSD-SUNMAX-GSシリーズは標準で50mm焦点レンズを使用しており、標準添付の焦点ゲージは52.5mmとなっています。
通常は、オートフォーカスを使用したり、標準添付の焦点ゲージを使用して焦点距離を合わせます。

■ 作成方法

リンクより、各サイズの焦点ゲージのAIファイルをダウンロードしてください。
リンクを右クリックし、コンテキストメニューから、ダウンロード・保存を行ってください。

※ ダウンロードを行うと、拡張子が「*.pdf」に変換されてしまう場合がありま
  す。
  その場合は、「名前を付けて保存」の際にファイル名「*.pdf」を「*.ai」に
  変更してダウンロードしてください。

標準50mm焦点レンズ用

52.5mm(標準)

42.0mm42.5mm43.0mm43.5mm
44.0mm44.5mm45.0mm45.5mm
46.0mm46.5mm47.0mm47.5mm
48.0mm48.5mm49.0mm49.5mm
50.0mm50.5mm51.0mm51.5mm
52.0mm53.0mm53.5mm54.0mm


全てのファイルを一括ダウンロード(ZIPファイル)


厚物切断 100mm焦点レンズ用

97.0mm97.5mm98.0mm98.5mm
99.0mm99.5mm100.0mm100.5mm
101.0mm101.5mm102.0mm102.5mm
103.0mm103.5mm104.0mm


全てのファイルを一括ダウンロード(ZIPファイル)


ダウンロードしたら、LaserCutでファイルをインポートして、切断加工します。
加工素材は3mm厚のアクリル板をお勧めいたします。

0.1mm単位で高さを調整したい場合は、LaserCutでインポートした後、「オブジェクトのサイズ変更」で調整すれば簡単に調整可能です。

■ 焦点合わせについて

レーザー加工機における焦点位置とは、レーザー光が凸レンズにより集光され、最も絞り込まれた点をいいます。
焦点距離はレンズによって決定され、RSD-SUNMAX-GSシリーズは標準で50mmとなっています(焦点レンズ参照)。

理論上、焦点距離は一点のみとなりますので、均一な表面の素材の表面に薄く痕をつける場合は、素材表面に焦点位置を合わせれば問題ありません。しかし実際の加工は、彫刻の場合、数ミリ単位で「彫る」場合や、厚みの厚みのある物を切断したりと、焦点位置の一点からずれた場所のレーザー光エネルギーも使用します。
物理的に最も効率のよい加工方法は、彫刻ならば、彫る深さの半分程度の位置に焦点距離があることですが、そうすると、素材表面は、表面付近に焦点位置があるよりも、輪郭がぼやけた感じになる可能性があります。
この仕上がりは、加工素材の材質によっても影響されますし、また、ユーザーが望む加工品質によっても評価は変わってきます。

RSD-SUNMAX-GSシリーズには52mm長の焦点合わせゲージが添付されています。また、オートフォーカスも、その距離になるように一台一台調整されて出荷されます。
加工設定(スピード、レーザー出力、走査間隔など)だけではなく、必要に応じて焦点距離を設定することにより、より加工品質、効率が良くなる場合があります。






ファイバーレーザーのご紹介

RSD-FL1325L

RSD-FL1325

RSD-FL3015C

RSD-FL3015M

RSD-FL3015G

RSD-FL1330

RSD-FL1530

RSD-FL1390

RSD-FL0640


RSD-FL1800


RSD-FL1325LC


RSD-FL30


FLシリーズ 加工サンプル

GSシリーズのご紹介

GSシリーズ トップページ

GS-1325D

GS-4030

GS-7050

GS-9060

GS-1290

GS-1490

GS-1812

GS-1290-CMOS

GS-4030C

受注生産機


GSシリーズ 加工サンプル

RSシリーズのご紹介

RSシリーズ トップページ

RS-4030

RS-7050

RS-9060

RS-1290

RS-1490

RS-1812


RSシリーズ 加工サンプル

LTシリーズのご紹介

LTシリーズ トップページ

LT-6040

LT-1390


LTシリーズ 加工サンプル

レーザー加工機について

レーザー加工機の選び方

GSシリーズの特徴

RSシリーズの特徴

LTシリーズの特徴

SUNMAXシリーズ比較表

SUNMAXシリーズ加工可否表

SUNMAXシリーズの画像比較

主要部品互換リスト

消費電力

ランニングコスト

デモ動画

オプション機器のご紹介

ローラー式回転加工機

3爪式回転加工機

マックスクリーンボー5

マックスクリーンボー4

マックスクリーンボー3

マックスクリーンボー2

金属彫刻剤

便利グッズの紹介

GS-CMOS化 改造キット

CMOSカメラ位置決めキット

サポート

問題発生時の対応案内

サポート価格

来社講習

遠隔サポート

セットアップ代行サポート

弊社発送料金

メインテナンス

注意事項

保証規約

保証期間の延長

他メーカーとの比較

よくある質問

ダウンロード

セットアップ一式

GSシリーズ資料

RSシリーズ資料

LTシリーズ資料

制御用ソフトウェア

GSシリーズ用 LaserCut 5.x

LaserCut 6.1J

LaserCut LT

Vision LaserCut

EzCad2J

LaserMarkingSystem

外部ソフトウェア

Adobe Illustrator

Adobe Photoshop

Corel Draw

GIMP

ご案内

展示会

レーザー加工機の買取・下取

レーザー加工ブログ

SUNMAXカタログ(PDF)