フラットケーブルの被覆剥き(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 加工 フラットケーブルの被覆剥き

金属は彫りにくいという特性を生かし、芯線を傷つけず、ハーネス類の被覆のみを切断することが可能です。ケーブルの種類に合わせた特殊な工具を用意する必要が無く、汎用的に作業が可能となります。


下記例では、SUNMAX-25Hを使用し、40芯フラットケーブルの被覆を剥きます。


一般的な40芯フラットケーブルを用意する

レーザー彫刻用のフラットケーブル
作業に使用する40芯フラットケーブルです。一般的なフラットケーブルです


レーザー彫刻機にセットする

位置合わせ治具にケーブルの端を当てる
垂直になるように位置合わせを行います。フラットケーブルの場合、表裏の両面にレーザー照射を行いますので、芯線方向に対して垂直にしないと、表裏で切断面がずれてしまいます。


ケーブルに対して垂直方向に一度走査する

レーザースポットに人体が触れないように注意する
レーザーを垂直方向に一度走査します。これを表裏両面行います。

※ 被覆の材質、厚みによって、レーザー出力を変更してください。


被覆を手で引っ張り、芯線を露出させる。
両面を走査した後、SUNMAXから取り出し、少しだけ剥く部分を手で引っぱり出した写真です。
被覆のみが完全に溶断しており、スムーズに被覆を引っぱり出すことができます。
不完全切断部分による部分的な被覆の引っぱりもありません。


フラットケーブルの被覆剥きは完成です。レーザー彫刻機ならば簡単に素早くできます。
被覆を完全に剥がしました。
芯線へのダメージは一切ありません