レーザー加工機・レーザー彫刻機のメインテナンス − 箱型排送風機の隙間補修

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


箱型排送風機の隙間補修

箱型排送風機の隙間補修を行います。
付属の箱型排送風機の排気側には多少の隙間があります。
排気効率を上げるため隙間の補修を行ないます。

注) 材料、工具等はお客様に準備して頂く必要があります。



 準備

用意して頂くもの

 補修板の取付



箱型排送風機の電源およびダクトを外します。
排気口が上になるようにして、横倒しにします。
キズがつかないよう、エアキャップ等をあらかじめ敷いて置いてください。







シーリング材を排気口の平らな面に塗布します。







準備で作成した補修板(アクリル板)をシーリング材塗布面に押し付けて接着します。







円周部の隙間にもシーリング材を充填します。








シーリング材の凹凸をならして、1日ほど放置して硬化させれば完了です。
配管、配線を元に戻し、使用してください。






※ お客様による修理・部品交換は保証対象外です。自己責任で行ってください。
※ レーザー管はガラス製です。取扱いには十分注意してください。
※ 電源を切り、電源コードを抜いた状態で作業を行ってください。