回転加工機の比較

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 回転加工機の構造の差異

ローラー式回転加工機
 加工素材は、回転ローラー上に置きます。固定はしません。重力と、ローラー円
 周のゴム輪と加工素材との摩擦により加工素材を回転させます。

  ・保持・固定しないので、柔軟な素材でも加工可能です。固定痕もつきませ
   ん。
  ・固定しないため、重量が軽い加工素材の場合に滑りが発生して、適切な加
   工ができない場合があります。
  ・ローラー上の円周が歪な場合(節がある、切り目がある、段差がある、穴が
   開いている等)は、適切な加工が行えません。


3爪式回転加工機
 加工素材は、外爪または内爪によって固定・保持されます。

  ・固定するため、軽量な加工素材でも加工可能です。
  ・保持がでれば、加工素材の円周上の形状に関係なく、回転加工できます。
  ・加工素材によっては、表面に固定痕ができる場合があります。

サイズの差異

レーザー加工機各機種に回転加工機を取り付けた場合の加工可能な最大収納サイズについてはこちらをご確認ください。

ローラー式回転加工機の方が、3爪式よりも大きな加工素材に対応しています。

使用について

ローラー式回転加工機と3爪式回転加工機は、それぞれの得手不得手を相互補完するものです。
そのため、それぞれを用意しておき、加工素材・加工内容に合わせて、使用する回転加工機を選択するのが基本です。

しかし、加工する内容が不変の場合は、上記の比較を参考に、どちらか一方の回転加工機を使用します。