焦点レンズ

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ

3/18 弊社メールサーバー障害に関するお詫びと、お問い合わせメールアドレスについてのお知らせ


レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 焦点レンズ

レーザー管から発せられたレーザー光は、反射鏡で設定された光路を通り、焦点レンズを通過します。焦点レンズを通過したレーザー光は屈折し、集光され、レーザー加工が可能となります。加工素材の焦点位置がずれていたり、光路がずれて焦点レンズに対してレーザー光が直角に入っていない場合は、適切な加工ができません。

RSD-SUNMAX-LTシリーズは平凸レンズを使用しています。標準で焦点距離50mmのレンズが搭載されています。オプションで焦点距離100mmレンズも装着可能です。

■ 焦点距離

焦点距離100mmレンズは、標準の焦点距離50mmレンズと比較して焦点距離が長くなることにより、焦点位置付近のレーザー光がより絞られているため、厚物の切断や、深彫りの彫刻に向いています。
しかし、それぞれのレンズ搭載場所は同一のため、100mmレンズの場合は加工素材をレーザーヘッドから離す必要があり、素材に厚みがあるものは、加工できない場合があります(焦点距離50mmのレンズの場合と比較して、格納加工素材サイズの厚み(高さ)が50mm程度小さくなります)。


レーザー加工機の焦点位置

■ 貫通試験

焦点レンズの違いを確認していただくために、比較情報を公開しています。

重ね合わせアクリル板の貫通試験を参照して下さい。

■ レンズの購入

レーザー館よりご購入いただけます。

■ 使用点合わせゲージ

焦点合わせゲージのデータはこちらよりダウンロードできます。アクリル板などを使用して、自作してください。







[an error occurred while processing this directive]