重ね合わせアクリル板の貫通試験 A(レーザーサンプル)

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


→ 重ね合わせアクリル板の貫通試験 @

■ 重ね合わせアクリル板の貫通試験 A

RSD-SUNMAX-QS4030-25W を使用して、9mm厚のアクリル板(3mm厚 X 3枚)がどの程度のスピード設定まで切断可能か確認しました。

試験方法

@ 3mm厚のアクリル板(押出材)を3枚、重ね合わせる。接着剤等は使用せず、側面をセロテープで留め、固定する。
A @をその厚みの中心が焦点位置になるようにセットする
B 下記条件でスピード設定のみ変更し、加工する。スピードは、0.1単位で設定する

  モード : 切断
  レーザー出力 : 100
  コーナー出力 : 100
  重なり : 0.1

  レンズ : 50mm標準レンズ
  データ : φ8 の正円


結果

・スピード設定が2.6[mm/s]までくりぬき(切断)ができました。

・スピード設定が2.7、2.8の場合、ほとんどの部分でレーザー光は貫通していますが、一部、切断し切れていないところがあり、くりぬきには至りませんでした。
指などで力を入れてやると、くりぬけます。

・スピード設定が3.0になると、力を入れて押してみても、くりぬきには至りません。


くりぬき実験
くりぬき実験2