QS4030でのローラー式回転加工機搭載の使用について

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ QS4030ローラー式回転加工機搭載の使用について

RSD-SUNMAX-QS4030は機体のサイズが小さいため、ローラー式回転加工機を使用する場合には、注意点があります。

@ ローラー回転加工機のゴム足の位置変更が必要です。

ローラー式回転加工機の初期状態では、ゴム足の間隔がQS4030の彫刻テーブルのサイズには収まらないので、ゴム足の位置を変更する必要があります。

緑色の箇所は彫刻テーブルから浮いています。
この位置にゴム足がないため、ローラー回転加工機は安定して設置できません。

支えがないため、安定しません。
この位置にゴム足がないため、取り付けます。

ゴム足の位置を変更してください。
ゴム足を固定するために、ローラー回転加工機のレールにねじ穴を作って下さい。
一時的な使用の場合は、両面テープなどを使用して固定しても問題はありません。

ゴム足の位置を変更し、350mm程度の間隔の位置に固定してください。
ゴム足はレールの付け根から350mm程度の位置にします。 機体に合わせて、寸法は調整して下さい。




A 加工物の収納サイズが異なります。

加工物の形状によって、収納できる物が異なります。
一般的な一升瓶は加工可能です。

4030は収納容量が小さいため、加工物のサイズが異なる場合があります。

※ 生産ロットによる自動昇降テーブルの構造に差異により、一般的な一升瓶が収納できない場合があります。その場合は、購入日より7日以内にご申告頂ければ、返品を受け付けます。



B ローラー間隔に制限があります。

実質的には問題とはなりませんが、通常使用のローラー式回転加工機と比較して、ローラーのスパンの長さが短くなります。

ローラーの間隔は最大約280mmに制限されます