レーザー加工用便利グッズ 焦点合わせゲージ

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ 便利グッズ 焦点合わせゲージ

   カラーボード

RSD-SUNMAXシリーズは標準で50.8mm焦点レンズを(LT1390のみ63.5mm)使用しており、標準添付の焦点ゲージは52.5mm(QSシリーズは52mm前後)となっています。
通常は、オートフォーカスを使用したり、標準添付の焦点ゲージを使用して焦点距離を合わせます。

しかし、深彫り彫刻を行う場合や、厚めの素材を切断加工する際など、その深さ、厚みを考慮して、敢えて焦点位置をずらして加工を行った場合の方が加工の仕上がりが良くなる場合があります。

また、レーザー加工機の個体差や、光路の調整次第では、標準添付の焦点ゲージとは若干違ったサイズの物を使用した方が加工品質が向上する可能性があります。

■ 作成方法

リンクより、各サイズの焦点ゲージのAIファイルをダウンロードしてください。
リンクを右クリックし、コンテキストメニューから、ダウンロード・保存を行ってください。

注) ブラウザでダウンロードする際に拡張子が*,pdf に変更される場合があります。
その場合は、ダウンロードしたファイルの拡張子を*.aiに変更して使用して下さい。

標準50mm焦点レンズ用

52.0mm(標準)

42.0mm42.5mm43.0mm43.5mm
44.0mm44.5mm45.0mm45.5mm
46.0mm46.5mm47.0mm47.5mm
48.0mm48.5mm49.0mm49.5mm
50.0mm50.5mm51.0mm51.5mm
52.5mm53.0mm53.5mm54.0mm


全てのファイルを一括ダウンロード(ZIPファイル)


オプション 63.5mm焦点レンズ用

65.2mm


厚物切断 100mm焦点レンズ用

97.0mm97.5mm98.0mm98.5mm
99.0mm99.5mm100.0mm100.5mm
101.0mm101.5mm102.0mm102.5mm
103.0mm103.5mm104.0mm


全てのファイルを一括ダウンロード(ZIPファイル)


ダウンロードしたら、LaserCutでファイルをインポートして、切断加工します。
加工素材は3mm厚のアクリル板をお勧めいたします。


GS、RS、GSシリーズは、100mm焦点レンズを使う際は、103.5mm の焦点レンズを使用すると、加工素材表面に焦点が合います。

QSシリーズは、103mm前後のゲージで仕上がりを確認して選んで下さい。


☆100mmレンズ使用時は50mmレンズに比べて焦点距離が長いため、より高出力低速での加工が必要です。

0.1mm単位で高さを調整したい場合は、LaserCutでインポートした後、「オブジェクトのサイズ変更」で調整すれば簡単に調整可能です。






トップページ




レーザー加工ブログ

twitter

YouTube