RSD-SUNMAX-GSシリーズ制御用ソフトウェア LaserCut5.5 R2・R3

サンマックスレーザードットコム サンマックスレーザー


サイト内検索



レーザー館

プレート館

印材館

アプリ



新着情報

・FL30/50およびUVZHのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/11)

UVZHの資料ページを追加しました。(2019/1/11)

・GSシリーズのセットアップ一式を更新しました。(2019/1/10)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、EzCad2J搭載機の制御用バソコン換装用ファイルを差し替えました。(2018/12/27)

・環境によりファイルの解凍が失敗する場合があるため、SD-SUNMAX-FL30、FL50の取扱説明書一式を差し替えました。(2018/12/27)


お知らせ



レーザー照射を行う際は、安全のため、レーザー加工機機体にあるすべての扉・プロテクトカバーが閉じていることを確認してください。

株式会社AQUOS(レーザー加工機メーカー)と連絡が取れない件に関して弊社は何ら関係がありませんが、他社製加工機でも部品提供や修理が出来る場合がありますのでお問い合わせください。

機体の設置環境が氷点下になる可能性がある場合は、凍結を防止する為、不凍液を使用するか、加工後にレーザー管および自動水冷機の水抜きを行ってください。


→ 過去の新着情報


■ LaserCut 5.5 R2とR3

LaserCut 5.5 R2とR3はレーザー加工機に搭載されている「コントローラ」によって使い分けてください。
R2とR3の機能は同一です。また、コントローラの性能も同一です。レーザー加工機の制御においての差異はありません。

コントローラの種類は製造ロットにより異なります。機種が同じでも製造ロットの違いによりコントローラが変更されます。

レーザー加工機の実機を確認して、選択してください。

■ 見分け方 1

レーザー加工機の右側面下扉を開けて、コントローラの形状を確認してください。


LaserCut5.5

R2

MPC-6535
MPC6535
LaserCut5.5

R3

MPC-6565
MPC6565


※ 右側面下扉は、レーザー加工機の正面から向かって右手側面にある下側の扉で
  す。分からない場合は、各機種の取扱説明書の「第4章 システム構成」−
  「扉の名称」を参照してください。

※ コントローラの取り付け方向、位置は製造ロット、機種によって異なります。
  上の画像とは異なった向きに搭載されている場合があります。

■ 見分け方 2

レーザー加工機の設置環境により右側面下扉の開閉が困難である場合などコントローラの目視確認が困難な場合は、現在使用しているLaserCutのバージョン名称と同じ物を使用してください。

LaserCutを起動すると、ウィンドウの左上にバージョン名称が表示されます。

バージョン名称

何らかの理由により、コントローラとLaserCutのバージョンが異なってしまっていた場合、この方法では正しく判断することができません。できるだけ、「見分け方 1」の方法で確認してください。

■ ダウンロード

R2 はこちらのページからダウンロードできます。

R3 はこちらのページからダウンロードできます。